フォトニュース平成27年(2015年)6月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 


ガンバ大阪の吹田市民応援デーが行われました

6月7日、万博記念競技場でガンバ大阪の吹田市民応援デーが行われました。試合前のセレモニーでは後藤圭二市長がキックインを行ったあと、吹田市イメージキャラクター「すいたん」が選手たちと記念撮影を行いました。

試合はヴィッセル神戸との対戦で、宇佐美選手やパトリック選手などがチャンスを作りながらも、相手の固い守備に阻まれ、得点には結びつかず、結果は0対0の引き分け。多くの吹田市民を含む約1万8000人の観客のみなさんは、チャンスやピンチの時は一体となって一喜一憂し、会場は大いに盛り上がりました。

ガンバ大阪市民応援デー記念撮影

ガンバ大阪市民応援デー試合

 


JICAのボランティアとして海外派遣される松下さんが市長を表敬訪問

JICAボランティア松下さん表敬訪問

後藤市長から記念品を受け取る松下さん(写真右)

栄養士の資格を持ち、約40年間病院で調理や栄養管理の業務に従事していた松下幸子さん(66歳)が、独立行政法人国際協力機構(JICA)のシニア海外ボランティアとしてブラジルに派遣されるにあたり6月22日、後藤市長に出発の報告を行いました。

松下さんの派遣は今回が2回目で、6月末に出発し、2年間の活動予定。サンパウロ市にある日系福祉団体に配属され、前回の派遣で得た同国の生活習慣病などの情報や経験を活かし、現地の栄養士に栄養管理や衛生管理指導を行うほか、文化交流として日本料理も伝えていきます。「ブラジルに住む方々に喜んでもらえる日本料理をたくさん作りたいと思います」と話しました。

 


「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」を開催中

さわって楽しむはくぶつかん

市立博物館で7月5日(日曜日)まで、展示品に直接触れることができる企画展「さわって楽しむはくぶつかんinすいた」を開催しています。

同展は博物館初代館長で仏像修理技術者の故・西村公朝さんが作成した「ふれ愛観音像」やレプリカ仏像などを展示。来場者は見るだけではない展示の観賞方法を楽しみました。

 


バックナンバー

平成30年(2018年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月]

平成29年(2017年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成28年(2016年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成27年(2015年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]