すいたストップDVステーション(DV相談室)

配偶者などからの暴力を防止し被害者の自立を支援するため、配偶者暴力相談支援センターの機能を持つすいたストップDVステーション(DV相談室)を設置しています。

被害者の自立生活促進のため、情報提供や助言を行うほか、心理的な専門相談や一時保護施設の利用の手続き、保護命令制度に関する手続き等を支援します。

 

どんな小さなことでも、まずはお電話ください。

 

開設時間

月曜日~金曜日  午前9時から午後5時30分

※祝日、12月29日~1月3日は除く

電話番号

06-6310-7113

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者など親密な関係にあるパートナーから振るわれる暴力のことです。

近年では社会問題として多くの人に認識されるようになり、DV被害者を保護し、支援するための法律として、2001年に「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」が制定されました。


ドメスティック・バイオレンス(DV)の例

1  身体的暴力

殴る・ける

首を絞める

突き飛ばす

2  精神的暴力

どなる・脅す

ばかにする

無視する

物を投げる・刃物を出す

3  社会的暴力

友人や身内との付き合いを制限する

自由に外出させない

電話・メールをチェックする

浮気を疑う・激しい嫉妬


4  経済的暴力

生活費を渡さない

金銭的な自由を与えない

何に使ったか細かく説明させる

5  性的暴力

性的行為を強要する

避妊に協力しない

無理やりポルノなどを見せる

6  子供を利用した暴力

子供に暴力を見せる

子供に危害を加える

子供を取り上げようとする

※子供の前で暴力を見せることは児童虐待にあたる

その他の相談窓口

大阪府女性相談センター(大阪府配偶者暴力相談支援センター)

電話 06-6949-6022 午前9時から午後8時(祝日、12月29日~1月3日は除く)

電話 06-6946-7890 24時間365日対応


大阪府吹田子ども家庭センター

電話 06-6380-0049 月曜日~金曜日  午前9時から午後5時45分

※祝日、12月29日~1月3日は除く


身の危険を感じた時

吹田警察署

電話 06-6385-1234

(緊急時は110番)

すいたストップDVステーション(DV相談室)

【業務時間】月曜日~金曜日 午前9時~午後5時30分

※祝日、12月29日~1月3日は除く

Tel: 06-6310-7113