災害対策本部議事録

平成30年9月10日更新

情報は随時更新します。

 

第4回災害対策本部会議

平成30年9月7日(金)16時10分~16時45分

場所:特別委員会室

災害名:平成30年9月4日(火)台風21号

各部より報告 

第4回災害対策本部会議 各部報告事項参照

 

各部補足事項

【市民部】

(市民部)

・9月8日(土)及び9月9日(日)は、9時から17時30分まで総合相談窓口を開設

・9月6日(木)の夜に古江台市民ホールへの自主避難者が1人あり。

 (都市魅力部)

・9月6日(木)にブルーシートを879枚配付

・本日、妙高市から500枚のブルーシートの提供があった。

・名古屋市から1000枚のブルーシートの提供があり、9月8日(土)も10時から15時までの間、ブルーシートを配付(配布は、9月8日(土)をもって終了)

・今後、災害に備えて最低1000枚のブルーシート及び設置用の土のう袋を確保したい。

 (税務部)

・他部職員の応援も受け、本日までのり災証明の相談分の現地調査は、9月14日(金)までに終えたい。 

【福祉部】

・災害ボランティアセンターにブルーシート張りの要請が多数あるが、1チームのみで体制が厳しい。明日9月8日(土)及び9月9日(日)は、天候を考慮しながら実施

【保健医療部】

・古江台市民ホールの自主避難が継続するようなら健康チェックの実施を検討する

【都市基盤部】

(土木部)

・職員用「防災情報システム」を活用し、公園・遊園の倒木等の災害状況を把握

【教育部】

(地域教育部)

・本日から9月10日(月)まで岸一地区公民館に自主避難を希望される方あり。

【議会部】

・市議会議長から市長へ「台風21号による被災市民への早急な支援について(要望)」を提出

指示事項等

【本部長】

・市民が災害の発生場所に入り、写真撮影し、SNSに投稿するような事例があることを認識しておくこと。

・施設が使用できない東山田幼稚園の保育を小学校の学習室等を借りて実施する予定。有事においては、このように柔軟な対応をすること。

・ブルーシートのストックが不足した事例を教訓として、災害対応に必要となる用具を必要想定数を上回る水準で確保するための検討をすること。

・非常事態を抜けることができたと思う。災害対策本部の体制は本日をもって解散する。災害の対応に当たっての各部の調整は、通常の対応の中で引き続き行うこと。

 

【危機管理監】

・エリア単位の停電は、概ね解消。引込み線等が原因の停電は、一部継続。関西電力と連携し、対応中

・災害対策本部の解散後は、防災対策会議の体制で関係部局の調整を図っていく。台風に係る災害には、今後も全庁的に対応していく。

第4回災害対策本部会議 各部報告事項

 各部から報告

(1)統括部

(総務部)

ア 動員班 平成30年9月5日から引き続き、本日についても、施設の開錠等の避難所設置に係る職員動員依頼各部(総務部・税務部・児童部・福祉部・学校教育部・地域教育部)1名

平成30年9月11日から9月21日までの間(土・日及び祝日除く)、被災家屋認定調査等にかかる職員動員依頼各部1名(1日当たり10名)

6月の大阪府北部地震から風水害が続き、所属職員の心身の疲労蓄積による健康障害が懸念されるため、所属職員の体調管理について、より一層の配慮をお願いします。心身の健康面で気になる職員については、産業医や保健師が健康相談に応じますので人事室厚生担当保健師までご連絡ください。 

イ 広報班 9/3の台風注意喚起から9/7午前11時までに93件のツィートを実施。ついてはフォロワー数が、1589件(9/2現在)から2763件(9/6現在)に1174件増加。

支援実施状況のチラシを、公共施設に掲示していることについて、広報車(青パト)による周知を実施。また、地域自治会に協力を求め、地域の青パトでも同様の周知を実施。

ウ 車両班 災害対応業務が集中している都市基盤部(土木部)に対し、公用軽自動車計10台を専属供与した。また、その他の災害対応等に対応するため、タクシーの使用を許可することとした。

(行政経営部)

ア 情報収集記録班として、公共施設の開館状況を昨日から取りまとめている。現在、7日10時現在の状況を公開。(ホームページへの掲載は広報課)

イ 災害対策本部会議で使用する資料作成のための専用共有フォルダを、昨日から運用。昨日、アクセスが集中したため、本日から運用を見直し。

ウ 市有施設被害調査(公園みどり室526施設(公園、遊園)、総務予防室160施設(防火水槽など)は調査対象外)

9月7日午前9時時点調査対象589件、回答519件被害有231件

(内訳)施設外周部塀又はフェンス等被害:軽度66件、中度以上48件

建物傾斜:軽度1件、中度以上0件

建物沈下、地面沈下:軽度0件、中度以上1件

建物外部ひび割れ:軽度3件、中度以上1件

建物外壁剥落:軽度11件、中度以上10件

浸水被害:軽度4件、中度以上2件

柱、壁ひび割れ:軽度3件、中度以上5件

窓ガラス破損:軽度17件、中度以上13件

建具設備等破損・不具合:軽度74件、中度以上47件

樹木倒木等:軽度45件、中度以上183件 

(2)市民部

(市民部)

ア 総合相談窓口9時00分~13時00分68件

うち、自宅被害・物損17件(25.0%)、ブルーシート11件(16.2%)、ごみ8件(11.8%)、その他(停電、り災・り災届出証明、助成金・見舞金等)9月5日(水)~7日(金)の合計は501件。

イ 施設被害関連

(ア)亥の子谷コミュニティセンター

近隣駐車場屋根破損について調査中。

(イ)藤白台市民ホール

換気ダクトはずれ車2台にあたり破損:高齢福祉室と連携し、管理組合等と協議中。

(ウ)千一地区公民館及び千一コミュニティセンター

屋上のフェンスが倒壊。まなびの支援課と連携し、対応中。

(エ)古江台市民ホール

地域の自主運営で自主避難者を受け入れている

ウ り災証明書

(ア)交付手数料の免除

非常に大規模な被害が発生した台風21号により被害を受けた市民が、公的な支援や民間の保険請求の手続きに要するり災証明書の交付手数料300円を免除する。

(イ)自己判定方式によるり災証明の特設窓口

9月8日(土)9日(日)の9:00から17:30まで、資産税課と連携し、台風21号により被害を受けた世帯主等が、写真を添付し一部損壊の自己判定の申告をされるのと同時に、り災証明の申請を受け付け、交付は後日(翌営業日)に発送する。

(都市魅力部)

(税務部)

ア 住家の被害認定(り災証明)相談217件(9月7日14:00現在)

(ア)9月7日から被害認定の現地調査を実施

(イ)9月8日(土)と9日(日)は相談受付及び現地調査を実施

(ウ)9月11日(火)から10班体制予定

イ 被害状況(概要)の目視調査は9月6日に終了 

・被害状況:約80棟に屋敷瓦の一部ズレを確認

ウ 一部損壊は、自己判定方式による、り災証明書の即時交付及び郵送での申請を開始

・9月8日(土)と9日(日)は本庁(資産税課窓口)で受付 (ただし、り災証明書は後日市民課から郵送)

エ 他部からの職員の応援依頼 

(ア)被害認定調査業務(現地調査と自己判定での受付)

(イ)期間:9月11日(火)から9月21日(金)まで

(ウ)人員:10名

(3)児童部

ア幼稚園

東山田幼稚園

東山田小学校体育館の屋上防水カバーが幼稚園の園庭に落下しかけている危険な状態であり、雨が降ると体育館から雨漏りし保育できないため、7日(金)まで休園

保護者説明会を9月11日(火)9時20分~開催

・台風後の被害状況などについて

・これからの対応について

来週以降の対応は以下のとおり

9月10日(月)就労支援のため、預かり保育のみ実施

(東山田小学校マルチルーム使用、2、3人の予定)

9月11日(火)~13日(木)

開園(9時登園12時降園の午前保育のみ)

東山田小学校マルチルームと留守家庭児童育成室を借りて保育実施

9月14日(金)開園9時から14時まで

千里丘北小学校の学習室2教室を借りて保育実施

再来週については開園するが時間は未定

<工事予定:9月11日(火)~28日(金)予定>

9月11日(火)~13日(木)足場を組む

9月14日(金)~アスファルトシートの撤去→資材搬入

→防水シートを張る→新しいアスファルトシートを張る

*アスファルトシートが撤去されたら、幼稚園での保育ができる予定

ただし、雨が降っていない場合のみ。雨の場合は東山田小学校のマルチルームと留守家庭児童育成室の教室を借りて保育を実施。

*防水シートが張られたら、完全に幼稚園での保育ができる。

(2週間はかかると想定)

イこども発達支援センター

杉の子学園は倒壊フェンスを仮復旧し、通常どおり開園。

本日から通常どおりバス送迎(出席児童62人/70人)。本日開催の保護者会で状況説明し現場を見てもらい、完全復旧するまでの保育環境について了解を得た上で、保育を継続する。

 

(4)福祉部

ア停電が長時間にわたる場合の対応(今後に向けて)

人工呼吸器や吸引器等の利用者は、外出時や停電に備えてバッテリーを準備しているが、長時間の停電には対応できない。また、バッテリーの稼働時間も7時間程度であり、復電の見通しが立たない場合、早めのタイミングでの充電が必要である。

昨年の停電時でも、吹田保健所の保健師や、訪問看護ステーションの看護師が、事務所に戻り充電して引き渡すという緊急支援を行っていた実態があり、今後同様な事案(長時間にわたる停電)が見込まれる場合、市有施設の開館時間内での充電対応をお願いしたい。

 

イ災害ボランティアセンター

9月6日(木)17時30分現在の状況

・受付ニーズ87件

・完了ニーズ19件

・ボランティア活動総人数39人

(5)保健医療部

ア特に活動なし

 

(6)環境部

ア災害がれき受付件数9月7日(金)73件(累計442件)

イごみ収集委託業者10社に収集依頼(無料)

ウ箕面市停電により、燃焼ごみを資源循環エネルギーセンターにて焼却(無料)

(期間:9月6日~7日、受入量:100t×2日)

エ災害時のアスベスト飛散防止対策の注意喚起についてホームページ掲載

オ有害物質使用工場・事業所及び遺伝子組換え施設等の安全を確認

カアスベスト除去届出申請中のアスベストについて安全を確認

(7)都市基盤部

(都市計画部)

ア 公園等の状況調査を5班10名体制で、本日行っています。

進捗状況は割り当てブロックの約70か所の公園等のうち、午前中で5割の進捗であり、本日中に調査を完了する予定です。

現時点では、重大な被害がないことを確認しています。

イ 一部損壊等住宅支援制度について

台風21号被害家屋に対する、対象拡大について、政策会議に付議します。

ウ り災者(半壊以上)の市営住宅一時入居者募集の準備をしており、その旨をホームページに昨日掲載しました。

エ 建築調査班として、台風21号による建築被害相談を132件受け、次の対応を行っています。

  1. 電話相談にて対応済のもの:100件
  2. 現場確認や指導助言等の対応済のもの:12件
  3. 対応中のもの:11件
  4. 未対応のもの:5件

オ 市営住宅被害状況及び被害状況は、本日正午現在、13団地に被害があり、復旧費用としては2千万円以上かかる見込みです。

(土木部)

1.公園樹木等対応

ア倒木処理について

市民等からの通報は、公園で延べ276件。現場確認を行いながら道路や民家等、市民生活に影響がある等、優先度を判断し、

1.職員(5班:最大)、2.業者(4業者、5班)で順次、倒木等を撤去中

相当数あるため、危険な樹木周辺を立ち入り禁止にする措置を実施

被害のある公園等約160公園

被害樹木(推計)1000本以上

イ公園における危険木点検

市内を11ブロックに分割し、土木部以外に他部から、都市計画部(5班10名)、下水道部(5班20名)、水道部(11班31名)、消防本部(5班20名)で総点検実施中

その他、事務所内補助作業に健康医療部(5名)、下水道部(2名)、都市計画部(2名)の計88名で対応中

本日(9月7日)中に危険木(傾き木、ぶら下がり枝)周辺の立ち入り禁止措置を終える予定

危険木は、業者(災害協定に基づき吹田市造園組合に依頼済み)又は直営により撤去を行う

(2)道路街路樹対応

市民等からの通報は、約400件で、うち約300件で緊急対応(道路脇によける、伐採を行う、剪定を行う)済み

残り100件については、比較的優先度が低く、現在対応中

(3)週末の対応

9月8日(土)、9月9日(日)は、1班体制で作業及び不測の事態に備えて待機

(下水道部)

ア 下水道施設

川面下水処理場倉庫扉一部破損 上記破損物については撤去済。今後、緊急度に応じて順次補修予定。

イ 土木部への応援 25名・災害本部要員4名・パトロール 17名・電話対応4名・公用車6台

ウ 江の木ポンプ設備故障について:現在、発動発電機を設置中。本日中に稼働可。 

エ 下水道敷・水路敷9月6日時点で23件あり

水路内に流木、ごみ、がれきの堆積あり

流水阻害大(緊急度高)のものについては、9月7日に作業を実施。それ以外については、順次作業を進めていく。

オ 土のう・土のう袋等の取扱いについて:ブルーシートの重し代わりとして、各部から問い合わせあり。

水害対応に支障の起こる恐れがあるため、対応不可。本部において手配を要請。

(8)消防部

ア 自然災害事案:危害の排除数件あり。

イ 公園等台風被害調査等を土木部と調整し対応中。

・9月6日調整分:5か所中3か所完了。

・9月7日調整分:3ブロック・123か所の対応を開始。

(9)水道部

ア 断水により応急給水の要請があれば、個別で対応中。

イ 土木部依頼の公園等台風被害調査で、水道部から11班、延べ31名体制で調査及び1次対応を9/7実施中。

(10)教育部

(学校教育部)報告なし

(地域教育部)

ア 自主避難者の状況

6日(木)宿泊者なし

7日(金)雨天による避難希望者複数あり

イ 施設被害等

自然体験交流センター敷地内の樹木が、隣接する妙見寺(箕面市)の屋根に倒れ込んでおり、現在、倒木撤去を業者に依頼中

(11)議会部

第3回災害対策本部会議

平成30年9月6日(水)16時15分~17時15分

場所:特別委員会室

災害名:平成30年9月4日(火)台風21号

各部より報告

 第3回災害対策本部会議 各部報告事項参照

 

各部補足事項

【市民部】

(市民部)

・9月5日(水)の閉庁後の総合窓口問合せ者数(17時~20時):9人

(都市魅力部)

・9月5日(水)の災害対策会議で320枚配布と報告したが、419枚(9/5分)に訂正する。

・ブルーシート追加確保分について9月7日(金)午前中に配布開始予定

・9月7日(金)妙高市からブルーシート500枚の提供を受ける。

・片山市民体育館が第2体育室を除き開館

・北千里市民プールは本年度閉鎖

(税務部)

・被害認定及びり災証明に関する相談件数(9月6日(木)15時現在):134件

・目視で市内全域の調査を実施中。現時点で全壊の家屋は認められず。

・一部損壊のり災証明書(住家の被害)についての即日交付及び郵送による申告の受付を実施

・他部職員の応援要請を検討中

【児童部】

・千里新田幼稚園における倒木により市民の自動車が損傷。保険会社と協議中

【都市基盤部】

(都市計画部)

・市営住宅一時入居者募集の準備中であることを周知(第1次募集は6戸の予定(問合せ:2件)

(土木部)

・岸部南1丁目の道路の通行止めを解除

【水道部】

・9月5日(水)に一部地域で臨時給水栓を立ち上げ、対応

・利用者の状況に基づき、給水拠点を閉鎖

【教育部】

(学校教育部)

・吹田第三小学校の普通教室のエアコンが故障したが、午前10時頃に復旧。昨日、停電の影響で短縮授業を行っていたが、本日は通常授業

【議会部】

・ホームページ等を見ることができない市民向けの公報車による情報提供を提案 

 

指示事項等

【危機管理監】

・関西電力より、エリア単位で把握している停電は明日中に解消する見込みであるとの報告あり。ただし、点在する箇所の停電は、状況把握ができておらず、引き続き復旧作業を継続する必要があるとのこと。(関西電力から停電箇所に関する情報提供の協力依頼あり)

・総合相談窓口は、本日20時までは開設するが、問合せ件数が減少していることから、明日以後の開設時間については、縮小していく方針とする。

【本部長】

・市の施設に係る損害賠償について、都市基盤部(土木部)は、現に同部が行っている対応方法を各部に提供すること。

・都市基盤部(土木部)は、早急に必要な車両及び人員の応援を求め、市内の倒木被害の全容を早急に把握すること。また、各部は、都市基盤部(土木部)が必要とする人員及び車両について、最優先で協力すること。

・ブルーシートについて、必要とする市民に行き渡るよう、自治体間の協力も視野に調達に全力を尽くすこと。

・非常時の緊張感を全職員で共有すること。

【副本部長】

・大阪府北部地震で得た経験を活かし、不足が予測される人員等については、早期に見通しを立てて協力を仰ぐようにすること。

第3回災害対策本部 各部報告事項

各部から報告

(1)統括部

(総務部)

ア 動員班昨日に引き続き、本日についても、施設の開錠等の避難所設置に係る職員動員依頼各部(総務部・行政経営部・都市魅力部・健康医療部・会計室・行政委員会)1名

 

イ 広報班・昨日よりHP等見れない市民向けに公共施設の貼り紙を実施していますが、随時更新をかけていますので、最新版の掲示をお願いします。

・公共施設の開館状況を一覧にまとめ、HPに掲載した。

(行政経営部)

ア 財務班被害の対応に係る経費(9/5 17時00分時点:各部から報告)

調査中のもの除く約1.8億円(道路、公園等倒木撤去など)

9/10(月)までに再照会予定

イ 市が所有する施設(庁舎、学校、公園など。ただし、インフラ資産を除く。)について、平成30年9月6日(木)午後1時現在、1,276施設に照会し、470施設について回答を得て、被害報告がある施設は244件です。

主な被害としては、体育館屋根めくれや、フェンスの倒壊、樹木の倒壊があります。

 

(2)市民部

(市民部)

ア 総合相談窓口9時00分~13時00分142件

うち、ブルーシート45件(31.7%)、自宅被害・物損25件(17.6%)、助成金・見舞金13件(9.2%)、その他(ごみ、倒木、停電等)

なお、停電は9件と激減。

イ 施設被害関連

(ア)亥の子谷コミュニティセンター

3階のすのこ(重量あり)風で飛び、近隣駐車場屋根を破損

(イ)藤白台市民ホール

換気ダクトはずれ車2台にあたり破損

管理組合等と調整中。至急、現地対応中

(ウ)竹見台多目的施設

電気復旧工事が終了、停電解消。

(エ)千一地区公民館及び千一コミュニティセンター

屋上のフェンスが倒壊、屋上から落下物あり。けが人等はなし。緊急的に危険と思われるフェンスを撤去対応(9月5日)。

(オ)古江台市民ホール

地域の自主運営で自主避難者を受け入れている

 

ウ り災証明書の交付手数料

非常に大規模な被害が発生した台風21号により被害を受けた市民が、本市に対して行う見舞金の給付の申請等に要するり災証明書の交付手数料300円を免除する方向で検討中。

(都市魅力部)

ブルーシート配布状況

9/5 419枚配布、9/6(14:00時点)603枚配布

9/7 1,100枚入荷予定(契約検査室経由600枚、妙高市500枚)

(税務部)

(3)児童部

ア 山田西児童センター

復電したため通常どおり開館

イ 保育園

千里山保育園及び山三保育園

復電したため通常どおり開園

ウ 幼稚園

(ア)東山田幼稚園

東山田小学校体育館の屋上防水カバーが幼稚園の園庭に落下しかけ

ている危険な状態であるため休園(現在、資産経営室が対応中)

雨が降ると体育館から雨漏りがするため保育できない。

(イ)吹三幼稚園及び山三幼稚園

復電したため通常どおり開園

山三幼稚園(認定こども園)は、7日(金)まで給食が提供できず、

お弁当対応。

エ こども発達支援センター

杉の子学園は倒壊フェンスを仮復旧し、通常どおり開園。

ただし、送迎バス登園は行わず、保護者同伴で登園し現状を見てもらい、

了解を得た上で保育(本日の出席児童25人/70人)。降園はバス送迎。

明日からは通常どおりのバス送迎とし、同日開催の保護者会で状況説明を行い現場を見てもらい、完全復旧するまでの保育環境について了解を得た上で、保育を継続する。

(4)福祉部

ア 所管する施設の状況(追加報告)

ゆらら藤白台の屋上に設置されていた藤白台デイサービスセンターと藤白台市民ホールに繋がるダクトが、台風の影響でゆらら藤白台の住宅用駐車場に落下し、駐車していた乗用車2台を破損。(市民自治推進室と対応を検討中。)

イ 災害ボランティアセンター

(ア)9月6日(木)11時現在の状況

・受付ニーズ53件

・対応中ニーズ10件

・飛来物(瓦など)の片づけ、倒木の処理、倒壊した物置の片づけなどの応急対応。

(専門的な技術を要することや危険を伴う作業など、御要望にお応えできない場合も有り。)

(イ)市内5大学へ学生ボランティア協力要請(9月6日)

ウ グループホームの停電対応

法人グループ内での避難の検討も含め、他の施設への一時避難等の検討を行っていたものの、最終的に施設内に留まることとなった。

5日23時30分頃に復電。体調がすぐれない利用者(4人)もいたが、6日朝の時点では全員体調は回復している。

 

(5)保健医療部

ア 5日現在停電で休診していた市内各医療機関については本日通常とおり診療を行っている。済生会吹田病院についても5日より外来再開

イ 吹田市民病院については送迎バスの窓ガラスが破損したため、4日、5日の運航は休止。本日より代車にて運行再開

ウ 千一地区公民館の避難者は今朝の時点で0人となり巡回健康相談は終了

 

(6)環境部

ア 災害がれき受付件数9月6日(木) 87件(累計369件)

イ ごみ収集委託業者10社に収集依頼(無料)

ウ 箕面市停電により、燃焼ごみを資源循環エネルギーセンターにて焼却(無料)

(期間:9月6日~7日、受入量:100t×2日)

エ 災害時のアスベスト飛散防止対策の注意喚起についてホームページ掲載

オ 有害物質使用工場・事業所及び遺伝子組換え施設等の安全を確認

カ アスベスト除去届出申請中のアスベストについて安全を確認

 

(7)都市基盤部

(都市計画部)

ア 土木部に応援職員派遣中

イ 一部損壊等住宅支援制度について

台風21号被害家屋に対して、対象拡大を検討中です。

ウ り災者(半壊以上)の市営住宅一時入居者募集の準備をしています。準備中である旨をホームページにて広報します。

エ 避難所で避難しているり災者の方への市営住宅一時入居者募集の情報の準備ができ次第、周知の協力をお願いします。

オ 建築調査班として通報のあった建築物などパトロール

(1)対応済12件

(2)未対応 5件

(3)台風21号による建物被害相談100件

台風21号による建築相談(修繕業者等)

カ 市営住宅被害状況及び被害額は別紙のとおり

(土木部)

ア 倒木について

フェーズ1 台風通過後、市民、警察、他部からの通報に基づく緊急対応に

ついては、収束しつつある(都市基盤部)

フェーズ2 全508箇所の公園、遊園、緑地の総点検を実施準備中

危険個所については、閉鎖(全閉鎖、一部閉鎖、部分的キープ

アウト等)の措置をとる(都市基盤部、水道部、消防)

※電話受付等の窓口業務の応援については、9月6日、7日は都市基盤部内

の応援で対応中

イ 市内信号機の滅灯について

山田西39号線など9箇所が滅灯、100箇所以上で信号機灯具のずれ等が

発生

ウ 自転車駐輪場について

31箇所のうち9箇所で損傷も閉鎖中の箇所なし

エ道路の通行止めについて

2箇所(垂水町2丁目、岸部南1丁目)継続中

(下水道部)

・倒木(南吹田下水処理場)

公道の通行障害になっていたものは公道から撤去済。場内の通行障害となっ

ていたものは細断等により通行確保済。

・屋根シート等の剥離(水再生室分室、南吹田下水処理場)

南吹田下水処理場について被害が大きく早急に対応予定。

・下水施設の被害に伴い、第3者の自動車に被害が及んでいるもの

南吹田下水処理場の屋根シート及び断熱材の飛散により第3者の自動車が一

部破損。所有者と協議中。

川面下水処理場の樹木の枝の落下により第3者の自動車が一部破損。現在、

所有者と協議中。

・下水道施設の一部破損

水再生室分室(雨どい一部落下)

南吹田下水処理場(屋上看板の一部脱落、窓ガラス破損)

川面下水処理場(脱臭ダクト脱落、脱臭ダクト吹き出し口脱落、出入り口扉

ガラス破損、公用車駐車場屋根一部破損)

川園ポンプ場、前処理場(出入り口扉ガラス破損)

上記破損物については撤去済。今後、緊急度に応じて順次補修予定。

イ 停電の影響

(1)山田南マンホールポンプ(くみ上げ)作動せず。

9/5復電済

(2)雨水レベルアップ受電施設が隣接マンションからの落下物により壊れて

いて作動せず今週末の雨に対応できない可能性もあり

通報50数件うち下水に関すること20数件土木29件府関連5件程度

ウ 上の川貯留状況確認のためのデータが取れない状況、機器に不具合発生の模

様9/6全面復旧

エ 江の木ポンプの引込柱が倒れて関西電力の電線が切れた。

9/7夕方発動発電機による復旧予定

オ 下水道敷樹木の倒木。現状確認中。

現在3か所確認済

(8)消防本部

ア 自然災害事案:危害の排除十数件あり。

イ 倒木対応として、土木部と調整しながら対応を開始。

ウ 消防管理施設の防火水槽及び防災倉庫(ポンプ格納庫)の被害状況を確認中。

(9)水道部

(10)教育部

(学校教育部)

全校で通常どおりの授業を再開(ホームページ掲載済み)

(地域教育部)

【昨日からの自主避難者】

千一地区公民館4人5日(水)午後6時30分退館

南山田地区公民館4人6日(木)午前7時30分退館

千三地区公民館2人6日(木)午前10時30分退館

【停電復旧】千二、佐井寺、豊二地区公民館、千里山・佐井寺図書館

(11)議会部

第2回災害対策本部会議

平成30年9月5日(水)16時

場所:特別委員会室

各部より報告

【統括部】

(総務部)

・ホームページを災害版に切り替え。また、ホームページ、SNS等が閲覧できない人に対し、公共施設に張り紙による広報を実施。10月号の市報に特集ページを掲載。

・車両については、災害対応を優先とする。

・避難所設置による各部への動員要請。

(行政経営部)

・被害認定調査依頼件数210件、被害件数110件

・公共施設の被害による必要経費について今週中に報告を

【市民部】

(市民部)

・総合窓口問い合わせ件数(9時00分から15時00分):約200件

(内訳:停電120件、がれき40件、ブルーシート20件、その他20件)

・停電エリア居住者に公共施設においてスマホ等の充電サービス実施

・Q&A10問ホームページに掲載(各部において追加や修正等に利用を)

・所管施設被害等関係

千一公民館・千一コミュニティセンター

屋上のフェンスが倒壊、屋上から落下物あり。けが人等はなし。緊急的に危険と思われるフェンスを撤去対応

亥の子谷コミセン3階すのこが風で飛び、近隣駐車場屋根を破損

藤白台市民ホール換気ダクトはずれ車2台にあたり破損

竹見台多目的ホール断線による停電

古江台市民ホール地域の自主運営で自主避難者を受け入れている

(都市魅力部)

・ブルーシート320枚配布し品切れ状態

390枚夕方入荷予定茨木市、豊中市についても配布(9/5~)

・所管施設被害等関係

片山・北千里体育館を除いて明日(9/6~)営業

(税務部)

被害認定調査依頼件数:79件

車両5台により、千里ニュータウン、山田、千里丘方面へ被害箇所等の巡回

【児童部】

高城児童会館:停電復旧により開館

その他保育園、幼稚園については、休園もしくは短縮、他施設の使用等により対応

【福祉部】

所管18施設の被害確認済み(大きな被害なし)

11時30分にボランティアセンター開設

15時00分からボランティア活動について調整中

【保健医療部】

千一公民館に避難している避難者の健康チェック⇒問題なし

【環境部】

1災害がれき対応状況

(1)受付:平成30年9月5日(水)午後3時現在約230件

(2)収集体制:直営+燃焼ごみ収集委託業者10社に委託(無料)

地震等大規模災害時における災害廃棄物の収集運搬に関する協定に基づく

2箕面市のごみ受け入れについて

(1)理由:箕面市の焼却施設の電気トラブルのため

(2)期間:9/6~9/7まで

(3)受入量:100t×2日

【都市基盤部】

(都市計画部)

市営住宅:飛来物による被害あり

1班2名を土木部に応援

(土木部)

倒木等の対応中

通行止め2か所:垂水町、岸部南

所管駐車場、駐輪場31か所中9か所に被害あり

(下水道部)

近隣マンションからの飛散物により江の木公園レベルアップ受電機に被害。今週末の雨に影響が出る可能性あり。

施設の確認により車両2台の被害あり

【消防部】

倒木対応について土木部に協力

【水道部】

給水拠点利用者数(~15時00分):48人

北部(蓮間池周辺)は閉鎖

給水に関し要請があれば対応する(高層マンション等)

【教育部】

停電2校:復旧しない場合は臨時休校(吹三)、3時限下校(山三)

避難者は千一公民館の4人のみ

【議会部】

各議員に対し災害対策本部に行かないよう周知


事務局より

災害対策本部事務局の設置について

⇒中層棟4階全員協議会室に設置しました。(~金曜日までの予定)

本日の夜間に自主避難を希望する方への対応について

【副市長】

ホームページがみにくい。終了している分は削除し、端的にわかりやすく工夫すること。

学校の休校基準等の判断基準についても掲載すること。

的確な情報提供を!!

 

【市長】

金曜日から雨が降る予報。今後の対応が重要である

がれきの撤去収集について環境省が吹田市をサポートモデルに検討中である。今後連絡があると思われる。

停電の状況がつかめない。

(危機管理室からの提供:豊中市が7日に復旧見込みである)

第1回災害対策本部会議議事録

平成30年9月5日(水)10時00分~11時00分

場所:特別会議室

災害名:平成30年9月4日(火)台風21号

※本部長指示

緊急部長会を災害対策本部会議に切り替え、災害対策本部の設置とする。

 

各部報告

【総務部】

・高層棟の水道については、高架水槽の遮断弁が作動したため、水道及びトイレの使用を停止。瞬間停電等の可能性からEVの運用停止を実施。

※現在は復旧済み。

・市役所駐車場における倒木により2台の車が損傷。 

【行政経営部】

・岸部第二小、豊一小の体育館の屋根等、各小中学校で被害あり。

・災害にかかる費用について、今週中に算出を行うこと

【税務部】

・罹災証明に関する問い合わせ:9件(9時30分現在)

・外観調査を6ブロックに分かれ実施。

【市民部】

・9月5日(水)9時から総合相談窓口を1階市民総務室に設置。

主な相談内容は、停電に関することが多い。

・地震時の対応時と同様なQ&Aを作成中。ただし、一般事務職のみでは対応が困難な場合があるので、技術的な知識のある専門職の応援を依頼したい。

・停電断水による水の給水、熱中症対策として公共施設を開放。

・情報発信として、連合会長には昨日2度連絡。本日も連絡予定。

・その他、細かな情報も合わせ、ホームページ、SNSを活用し発信。

【都市魅力部】

・ブルーシートの配布を実施。(残数約220枚)

9時45分現在45人120枚配布

・片山体育館(倒木等)、南吹田体育館(入り口部分損傷)、浜屋敷(漆喰壁剥離)等、都市魅力部所管施設において被害あり。また、大学連携を図っている

各大学においても倒木等の被害あり。

・都市魅力部所管施設においても、施設点検後、熱中症対策シェルターとして開放予定。

【児童部】

・停電等により一部閉園

(吹三幼、片山幼、山三幼、東山田幼、千里山東保育、山三保育、杉の子学園、その他児童館)

【福祉部】

・ボランティアセンターの設置について社会福祉協議会と協議中

11時30分にボランティアセンター開設(電話番号:06-6339-1210)

【健康医療部】

・健都第2区画(建設途中)の敷地内にてフェンス等の倒壊。その他、新市民病院立体駐車場においても被害あり。

・市内各病院については、休診情報なし。済生会吹田病院の正面玄関窓の破損あり。

【土木部】

・暫定ではあるが、1000本以上の倒木あり。

・1チーム3人、述べ100チーム以上で対応。

・土木部に対し、多数の通報あり。

【都市計画部(住宅)】

・市営住宅に一部被害あり。

・台風による一部支援金についての問い合わせあり。

【下水道部】

・通報件数は、約50件

・芳野町において、床下浸水1件

【環境部】

・災害がれきの回収について、ホームページに掲載。

【消防本部】

・第13駐車場のフェンス倒壊

・通報件数(9月4日17時00~)622件

警戒出動件数:133件(内、台風に関する出動120件)

救急出動件数:101件(内、台風に関する出動30件)

傷病程度:重症1名、中等症6名、軽傷21名

※重症の1名については死亡

・消防団についても、危害排除として従事

 【水道部】

・9月4日(火)23時現在において府下約70万戸にて停電

マンションにおいて停電による断水約60件

※給水拠点9か所設置(事務連絡参照)9時00分現在1人

【議会事務局】

・議員による被害報告等のとりまとめ

【地域教育部】

・山二公民館、吹三公民館、千一公民館に宿泊避難者あり。

現在も千一公民館のみ避難者あり。

・停電施設については、熱中症対策シェルターとしての使用は不可。

【学校教育部】

・小中学校の自主避難者受け入れ状況

岸一小3人、岸二小1人、豊二小3人、江坂大池小1人、吹三小1人、第二中4人

※9月4日の夕方までに帰宅済み

・片山小学校:貯水槽配管不具合により休校

吹三小学校:4時間目終了後下校(停電のため)

山三小学校:3時間目終了後下校(停電のため)

吹田南小学校、吹二小学校:校内外の安全点検後、2時間目から授業

・小中学校の被害は現在集約中

【危機管理室】

・不足しているブルーシートの購入は、地域防災計画に基づき契約検査室にて対応を行うこと。

【本部長】

・平常時とは異なり、非常時判断とすること。

・避難者ファーストとし、受け入れること。

・ホームページトップに総合窓口の電話番号を掲載すること。

・地震の教訓から人員不足であれば応援依頼をすること。また土木部においては、情報発信担当者を設置すること。

・広報課は、現場に出て情報収集、発信をすること。

・情報発信として、「施設の開館状況」、学校等の休校についても保護者以外に地域関係者にも発信を行い、「予定(復旧)等が未定」等についても、情報として発信をすること。

・ボランティアセンターの立ち上げを要請すること。

・災害ガレキについて環境省が何らかの動向がある。

・次回の会議については、特別委員会室等の使用を議会事務局と調整すること。

・対応内容について優先順位を行うこと。

【副本部長】

・情報の集約を行い、9月4日15時00分までに施設等の稼働状況を把握すること。

・ボランティア活動については、市内大学生の活用も検討すること。

・情報共有を行い、土木部は必要であれば応援要請を行うこと。