台風21号に関する よくある質問(Q&A)

平成30年9月13日更新

情報は随時更新します。

 

Q.1 台風で屋根が壊れた、庭の樹木が倒れているので撤去したい、業者を教えて欲しい

A.1

吹田市において、入札参加資格が認定されている事業者のうち建築一式もしくは造園で認定されている事業者の一覧です。

家屋の修繕等、必ずしも対応してもらえるとは限りませんが、お問い合わせの際の参考にしてください。

依頼にあたりましては、修繕後のトラブルを防ぐため、事前に修繕の内容や費用について十分ご確認ください。

万が一、こちらの事業者との間でトラブルが生じましても、市はその責任を負いかねますので、ご理解賜りますよう、お願いいたします。


【リンク】

家屋修繕等で業者をお探しの方はご覧ください

(吹田市入札参加資格認定事業者(建築業・造園業)一覧) 

台風21号による被害に乗じた「家屋修繕」「義援金」などの悪質商法に御注意

 


 

Q.2 隣の家の瓦が飛んできて自宅のガラスと車が破損した、または破損させてしまった

A.2

個人の財産に関するトラブルについては当事者間での解決が原則となることを御了承ください。

保険によっては、台風による被害を補償するものもありますので、詳しくは御加入の保険会社に問い合わせてください。

話し合いがうまく進まない等法的に解決が必要な場合は、市では弁護士による法律相談を実施していますので御利用ください。


【リンク】

法律相談(市民総務室)

また、大阪弁護士会と大阪司法書士会でも今回の台風に関して無料相談を実施しています。

大阪弁護士会  06-6364-2046  月曜から土曜午前10時から午後1時(祝日を除く)

大阪司法書士会  06-6949-5605  月曜から金曜午後1時から午後4時(10月12日まで。土・日・祝日を除く)

 


 

Q.3 台風で自宅が被害を受けた、修繕費等の助成制度について教えてほしい

A.3

大阪府北部地震及び台風21号において、被害を受けられた市民の方々に一日でも早く安心した生活をとりもどしていただけるよう、 市独自の制度として、一部損壊以上の被害を受けた住宅の所有者に対し、修繕費の一部として支援金を支給します。

【リンク】

大阪府北部地震および台風21号にかかる一部損壊等住宅修繕支援制度について



 

Q.4 台風で自宅が損壊した、り災証明が欲しい

A.4

り災証明書が必要な方は、資産税課へご連絡ください。順次調査にお伺いします。

一部損壊の住家について”自己判定方式”による、り災証明書の即日交付も受け付けています。

【リンク】

住宅が被災された方へ(被害認定調査)

台風21号に伴う、り災証明・り災届出証明について 

 



 Q.5 台風で出たがれき等(瓦、植木鉢、トタン波板など)を処分したい

A.5

台風のため家庭から発生した災害がれき等の引取りについては、環境部事業課(電話:06-6832-0026)まで御相談ください。

直接、破砕選別工場持ち込む場合は、臨時対応いたしますので事前予約をしてください(電話:06-6877-7515)。事業所は除きます。

【リンク】

台風21号による災害がれき等について

 



Q.6 自宅が被害を受け片づけたいが高齢等のためできない

A.6

吹田市社会福祉協議会ではボランティアセンターを開設しています。

家の片づけなどお困りごとがありましたら吹田市災害ボランティアセンター(06-6339-1254)へご連絡ください。


【リンク】

吹田市災害ボランティアセンター開設のお知らせ




Q.7 道路に樹木が倒れており通れない、街路樹が倒れかけて危険なところがある

A.7

市が管理する道路については、土木部道路室(電話:06-6831-9371)が対応します。


【リンク】

道路室トップページ



 

Q.8 屋根が破損して雨漏りが心配、ブルーシートが欲しい

A.8

地域経済振興室(06-6384-1356)にて担当しております。

配布は9月8日(土)15時で終了いたしました。

【リンク】

台風21号による被害に対するブルーシートの配布について

 



Q.9 停電が解消されたと公表されているが、自宅が停電したままなのだが

A.9

関西電力から提供される情報では現在、吹田市での停電の情報はありませんが、御家庭への電線の引き込み状況等により停電が解消されていない可能性があります、詳しくは関西電力までお問い合わせください。


【リンク】

関西電力の停電情報



 

Q.10 停電のためエアコンが使えない、暑くて体調が心配

A.10

熱中症対策として公共施設を開放しています。また、各施設では給水も実施しています。施設の開放時間については、各施設の利用時間に準じます。

【リンク】

熱中症対策開放施設一覧 (PDFファイル; 115KB)

 



Q.11 停電のため携帯電話やスマートフォンの充電ができない

A.11

熱中症対策として開放している公共施設で携帯電話やスマートフォン、タブレット端末等の情報機器の充電に対応しています。

なお、充電に必要なケーブルやアダプターについてはご持参ください。

【リンク】

開放施設一覧 (PDFファイル; 115KB)